やっぱりクラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。といっても全部ですけどね。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

愛と百万ドル (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
病死した兄の子供たち三人の面倒をみながらつましく暮らしていたローラは、ある日、宝くじで百万ドルを当てた。とたんにボーイフレンドのバートがプロポーズしてきたり、教会に寄付をせがまれたり、お金目当てに人が近づいてくる。バートのプロポーズは本当に愛情からなのだろうか…。ローラはすっかりいやになって、知人の別荘へ避暑に出かけた。海辺の別荘へ着く前に、思いがけないことが起きた。夕食に立ち寄った“アニーの店”で、食べ終わってみると財布がない。そのとき、別荘の隣人だという不愉快な男が立て替えてくれた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フィールド,サンドラ
イギリス生まれ。人生の大半をカナダで過ごす。カナダ北部の静寂と空虚さを愛し、現在住む町を作品の舞台に選ぶことも多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

偽りの恋人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
レイチェルがニコレット大学に勤め始めて、はや四カ月。つらい経験をして以来、恋愛への興味はゼロだ。なのに恋人の斡旋をしようとする外野がうるさくてかなわない。私は恋人なんてほしくないのに!だが仕事帰り、雨宿りに飛び込んだアイスクリーム店でまさか理想の恋人に出会えるとは思わなかった。その男性は自由を満喫しているハンサムなパイロットで、結婚、結婚と騒ぎ立てるきょうだいたちをどうしたら黙らせることができるか考えあぐねていると言う。もし私達が恋人同士のふりをしたら…お節介をやかれずにすむ!交渉はただちにまとまった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マイケルズ,レイ
ハッピーエンドの物語が好きで、子供のころ読んだ本の結末に満足できず、自分で書こうと心に決めた。そして、いつか小説を書きたいという夢を胸に、まず堅実に、新聞記者で生計を立てようと考えた。ところが、その仕事がうまくいかず、結局、ロマンス小説家だけが書けるハッピーエンドの物語を書くようになった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

禁断の芽ばえ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
華やかで美しく活発な姉ヘレンの陰で、いつも目立たず地味でおとなしい一方のベスは、常識的で、夫として理想的な幼なじみのトムと婚約した。二人の婚約披露パーティーが開かれた夜、相変わらず派手に着飾ったヘレンが、恋人を連れて現れた。強烈な魅力を発散するイタリア系の男性、ルーク・ヴァッカリだ。ルークはなぜか執拗に熱い視線でベスを追い続け、彼女は経験したことのないいらだちと激しい反発を感じる。すっかり調子を狂わされたベスを、ルークは無理やりダンスに誘った。熱いキスまで奪ったあと、彼は動揺するベスの耳元でささやいた―もっと自分らしく、思いどおりに生きるべきだ、と。そのときから、ベスの人生は何か奇妙に歯車が狂い始めた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ハミルトン,ダイアナ
イギリスの作家。夫との間に三人の子供がある。現在、子供たちは独立し、夫と二人暮らし(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛は炎のように (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
サラは友人のパーティで夫ラファエルと五年ぶりに再会した。彼は今や世界に名をはせる気鋭の画家だが、サラが十八歳のとき旅先のパリで知り合ったころは無名で貧しかった。二人はたちまち激しい恋に落ちて結婚した。しかし二年後、ラファエルが冷酷で不実な夫であることをサラは思い知らされた。結婚に猛反対していたサラの両親は、ラファエルの浮気を理由に娘を夫から無理やり引き離した。当時妊娠していたサラは双子を産み、今まで懸命に育ててきた。夫は子供のことなどすっかり忘れているのだと思いながら。ところが、あと三ヵ月たてば五年の別居期間が終わり、離婚が成立するというとき、ラファエルが突然目の前に現れたのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。現在三人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

運命の鎖 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
なんて失礼な男なんだろう―それにあの氷のように冷たい目。ウィルトシアの領主館でガイドをしているスザンナは、公開されていない翼の回廊で初めてこの男に出会った。次に彼と会ったのはメイベルおばさんが倒れたとき。有能な脳外科医のバウアズベンティンク教授だと紹介される。力になれなかったことをわびる教授は、思いやりにあふれていた。おばを亡くし独りぼっちになったスザンナは、今まで住んでいた敷地内のロッジを立ち退くよう言い渡された。同時に仕事も失って途方にくれるスザンナの前に再び彼が現れる。彼は援助を申し出たが、スザンナはそれをはねつけてしまった…。

内容(「MARC」データベースより)
なんて失礼な男なんだろう。それにあの氷のように冷たい目。ウィルトシアの領主館でガイドをしているスザンナは、翼の回廊で初めてこの男に出会った。次に会ったのはおばさんが倒れたとき。彼は有能な脳外科医だった…。

裏切りの結末 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
それは一本の電話から始まった。夫の浮気を告げる一本の電話。レイチェルの世界は音をたてて崩れていった。仕事で忙しくしているとばかり思っていた夫が毎晩、女と出歩いていたなんて。だが、そう言われてみれば、思い当たる節はあった。寒々しい夫婦生活、スーツにかすかに漂う香水の香り、幾晩も家を空けた日々。レイチェルは絶望に襲われ、同時に、鏡の中の疲れきった自分の姿に愕然とした。幼妻として結婚して七年。子育てに追われ成長しないでいるうちに、夫は変わり、家の外で別の生活を楽しんでいたのだ。帰宅した夫は、妻の疑いを否定しようともしなかった…。

内容(「MARC」データベースより)
それは夫の浮気を告げる1本の電話から始まった。レイチェルの世界は音をたてて崩れていった。仕事で忙しくしているとばかり思っていた夫が、毎晩、女と出歩いていたなんて。レイチェルは絶望に襲われ…。

セカンド・ラブ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セイラはひそかにイアンを愛し、彼が十年前に会社を始めて以来、彼のもとで献身的に働き続けてきた。だが、今日ついに退社を決意した。突然イアンから婚約したことを告げられたのだ。その上、彼のフィアンセに侮辱され、別の仕事を探すよう言われた。傷心のセイラは、ロンドンを離れ、両親の住む、懐かしい故郷へと車を走らせる。家にたどり着いてみると、両親のいる気配はまるでなく、玄関の前に止まっていた車から見知らぬ男が降り立った。「君、セイラだね」背の高い、泥だらけの男は言った…。

内容(「MARC」データベースより)
セイラはひそかにイアンを愛し、彼が10年前に会社を始めて以来、彼のもとで献身的に働き続けてきた。しかし彼に婚約したことを告げられ、彼女は職を辞し故郷へと帰ることを決意する。両親の家に着くと、彼女を待ちうける1人の男性がいた…。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

ストーリー・プリンセス (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ドミナイがテレビで演じる“ストーリー・プリンセス”は、ワシントン中の子供たちのアイドルだ。寄せられた手紙を審査し、当選者と番組で共演する、と発表すると、たちまち大量の手紙がテレビ局に舞いこみ、そのうちの一通がドミナイの心を動かした。“弟は天国に行く前に王女様に会いたがっています…”ドミナイは不幸な兄弟にすっかり同情して当選を決めたのだが、理由はほかにもあった。“パパは王女様をB級女優だと言います”そのくだりにひっかかり、誤解を解きたいと思ったのだ。通知を送ってしばらくたったころ、背の高い男が彼女を訪ねてきた。

内容(「MARC」データベースより)
ドミナイがテレビで演じる"ストーリー・プリンセス"は、ワシントン中の子供たちのアイドルだ。寄せられた手紙を審査し、当選者と番組で共演することになって、そのうちの一通がドミナイの心を動かした…。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

ふられた花婿 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
看護婦として働いているセーラは、休暇で南フランスへ来ている。母に頼まれて、彼女の友人一家の面倒を見るべく同行したのだ。フランスに到着して以来、子供たちの世話はもちろんのこと、次から次へと用事を押しつけられて、ゆっくり休む暇もない。今日も、ひとり暮らしの隣人が長旅に出たので、彼女の鉢植に水をやるため、隣の留守宅へ来た。玄関を入ると、誰もいないはずの家に男物のシャツが落ちている!点々と散らばる服のあとをバスルームまでたどってきたセーラは、目の前のドアが開く音にぎょっとして顔を上げた。腰にタオルを巻いただけの、裸同然の男が立っているではないか。この男は何者なの?セーラは思わず彼の体に目を走らせていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマ,キャロル
秘書の教育を受けたが結婚し、1980年初めての子供をもうけた。英国生まれで、現在はマン島に住む。アン・メイザーの作品に傾倒して、同傾向の作品を書きはじめた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

早春の出会い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
咲き乱れる水仙、早春の陽光を浴びて輝く家々、豊かな大地の匂い。とうとうアシュドン・マグナ村にやってきたんだわ!ケリーの胸は期待と故郷に帰ったような安堵感でいっぱいになった。不慮の事故で亡くなった両親の遺品の中にあった一枚の絵葉書―それは十年前、父のまたいとこから出されたものだった。天涯孤独だと思っていたのに、私にもまだ身内がいるなんて…。矢も楯もたまらず、ケリーはカナダからイギリスへと飛んできた。葉書の住所をたよりにたどりついた石造りの豪邸、アシュドン屋敷。と、突然一人の男が現れて、ケリーの腕をつかみ叫んだ。「エレイン、どこに行ってたんだ!なぜ一言も言わずに!」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウェントワース,サリー
イギリス生まれでずっと生まれ故郷の町に住み、そこで結構し、子供は1人。作品の構想をたててから、執筆の前にいろいろ調べるのが、書く以上に好き。したがって背景として選んだ土地へは必ず足を運び、また自動車ラリーをテーマに選べば自分も参加しないではすまない性格である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <墨田区紀行> <台東紀行> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <鶯谷・うぐいすだに> <高収入バイト情報> <台東クラブ> <アキバ中毒のページ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <美容外科> <東京ぶらぶら> <電子たばこ> <GOGO!江戸川区!> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース

ooo電子たばこooo アキバ中毒のページooo おそれ入谷の鬼子母神ooo ビジネス.コレクションooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo ハイキング自然歩道@千葉ドットコムooo AV機器ooo 台東紀行ooo リネージュIIクロニクル1ooo 千葉の駅集めましたooo 豆千葉ドットコムooo 千葉県の天然記念物一覧ooo ~新宿 Live House~ooo 千葉っ子の初詣情報!!ooo リネージュIIクロニクル インタールードooo ガシャポン戦死!ooo ぎょうざ@千葉ooo 酒と泪と男と女 酒場.comooo リネージュIIクロニクル5ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo