やっぱりクラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。といっても全部ですけどね。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

憂鬱な花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ついにこの日がきてしまった。今日は私の結婚式…。だが、ソフィアは幸せどころか憂鬱でしかたがなかった。なぜなら、おなかの子の父であるゴドフリーと結婚するのではなく、その弟のジョナサンと結婚しなくてはならないからだ。しかも、彼は、兄の死の床で交わした約束を守ろうとしているにすぎない。ゴドフリーの子供に幸せな生活を与えるための便宜的な結婚だ。ゴドフリーはあんなに穏やかで優しかったのに、ジョナサンは無愛想で、ただ威圧的なだけ。彼の前に出ると心臓は不安に速くなり、何を言うにも口ごもってしまう。でも彼は約束してくれた。結婚は形だけで、落ち着いたら離婚すると。それなのに誓いのキスは長いし、瞳の奥には情熱を秘めたきらめきが…。

内容(「MARC」データベースより)
今日はソフィアの結婚式。相手は、おなかの子の父親であるゴドフリーではなく、その弟のジョナサンだ。ジョナサンは、子供に幸せな生活を与えるという、兄の死の床で交わした約束を守ろうとしているだけのはずなのに…。

意外なキューピッド (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ウエディング・ベルが鳴りひびく中、ジョージナはその男性にふたたび出会った。人を魅了せずにはおかない笑顔、頬にかすかに残る傷跡、きりりとした口元…。フラワー・ショーの会場で、わたしが落としたプログラムを拾ってくれた男性に間違いない。こんな場所で、こんなときに再会するなんて。よりによって、彼の弟マイルズの婚約者を装い、彼の妹の結婚式に出席しなければならないというときに。

内容(「MARC」データベースより)
ウェディング・ベルが鳴りひびく中、ジョージナはその男性にふたたび出会った。フラワー・ショーの会場で自分が落としたプログラムを拾ってくれた男性に間違いない。よりによって彼の弟の婚約者を装い彼の妹の結婚式に出席しなければならない時だというのに。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

セカンド・ラブ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セイラはひそかにイアンを愛し、彼が十年前に会社を始めて以来、彼のもとで献身的に働き続けてきた。だが、今日ついに退社を決意した。突然イアンから婚約したことを告げられたのだ。その上、彼のフィアンセに侮辱され、別の仕事を探すよう言われた。傷心のセイラは、ロンドンを離れ、両親の住む、懐かしい故郷へと車を走らせる。家にたどり着いてみると、両親のいる気配はまるでなく、玄関の前に止まっていた車から見知らぬ男が降り立った。「君、セイラだね」背の高い、泥だらけの男は言った…。

内容(「MARC」データベースより)
セイラはひそかにイアンを愛し、彼が10年前に会社を始めて以来、彼のもとで献身的に働き続けてきた。しかし彼に婚約したことを告げられ、彼女は職を辞し故郷へと帰ることを決意する。両親の家に着くと、彼女を待ちうける1人の男性がいた…。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

駆けぬける青春 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十九歳のキットは、このところさまざまな心の揺れに戸惑いぎみだ。大胆で情熱的な経験に憧れ、体の奥にうずきを感じる。何ごとにも好奇心いっぱいのキットだけれど、母にはいぶかられ子供のころからずっと気立てのよい妹と比較され続けてきた。それでも父は“おまえは完璧だよ”と優しく言う。過去に何があったかは知らないが、父はある時すべてを捨ててこの熱帯雨林の中の芸術家村に移り住んだと聞いている。すばらしい環境―すぐ近くに広がる砂浜がキットの大好きな場所だ。母には叱られるのに、いつもビキニのトップを取って日光浴をする。その男性に出会った朝も、キットは無防備な姿で太陽を浴びていた。

奔放な情熱 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
その日、婚約解消を申し入れにダンカンの屋敷を訪ねたキンバリーはそこで彼の兄ハリソンと出会った。彼は実業家として成功しているたくましく精悍な男性で一目見た瞬間にキンバリーは強烈な魅力の虜になってしまった。けれどハリソンは、キンバリーを財産目当ての軽薄な女だと罵り、手切れ金をやるから身を引け、と冷酷な言葉を投げつけた。そればかりか、怒った彼女の唇を荒々しく奪ったのだ。穏和なダンカンにはないハリソンの圧倒的な魅力が怖くなり、キンバリーはわざと悪女を演じて小切手を受け取った。だが二年後、偶然再会した二人は憎しみと情熱をぶつけ合ううちに、激しい感情の嵐にのまれ、一夜を過ごした。そして、キンバリーは妊娠してしまい…。

内容(「MARC」データベースより)
婚約解消を申し入れにダンカンの屋敷を訪ねたキンバリーは彼の兄ハリソンと出会った。一目でハリソンの強烈な魅力の虜になるが、彼は彼女を財産目当ての軽薄な女だと罵るのだった。2年後、偶然再会した2人は…。

二十九枚の銀貨 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一人っ子のジェシカは大学を卒業後、父の経営する銀行に入った。銀行業の基礎を学び、いずれは父の跡を継ぐために…だがその重責と銀行の堅苦しさに息が詰まりそうだった。そんなとき、人生を変える出来事が起こった。銀行が強盗に襲われ、ジェシカが拉致されたのだ。その事件をきっかけに彼女は銀行をやめて田舎に移り住み、今はタペストリーを織りながら一人ひっそりと暮らしている。ある日、ジェシカは村の郵便局に出かけ、あとから来たダニエル・ヘイワードに引き合わされた。そして次に入ってきたのは、覆面をして銃を手にした男だった。

内容(「MARC」データベースより)
ジェシカは大学卒業後、父の経営する銀行に入ったが、銀行強盗に拉致されたのをきっかけに辞め、田舎に移り住んだ。ある日、彼女は村の郵便局に出かけ、あとから来たダニエルに引き合わされた。そして次に入って来たのは覆面をして銃を手にした男だった…。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

ルシールの夏 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
映画女優として人気急上昇中の従姉シャニの付き人としてルシールはクイーン・エリザベス号でエジプトに向かった。どうしてもエジプトに行きたかったのでわがままな従姉の酷使にも耐え、共演男優タレック・ホークの秘書役まで引き受けて航海の間もまめまめしく働いた。それなのにリオに寄港中、彼女がタレックとカーニバルを見物して戻ると、シャニが火のように怒り、くびにすると言い出した。

内容(「MARC」データベースより)
映画女優として人気急上昇中の従姉シャニの付き人として、ルシールはエジプトに向かった。ルシールは従姉の酷使に耐えていたが、共演男優とカーニバルを見物して戻るとシャニは怒り、くびにすると言い出した。79年刊の再刊。

ルージュの刻印 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
メガンはヨットのデザイナーとして仕事に打ち込んできた。ところが、兄ダニエルが経営する造船所は不況のあおりで経営難。おまけに兄はギャンブルと酒に溺れる日々だ。造船所の経営立て直しに一人頭を悩ませていたメガンの前に、ある日、ルーカス・カンフィールドが現れた。ルーカスとは幼なじみで、八年ぶりの再会だった。彼は、今やコンピュータ会社の社長で、名うてのプレイボーイ。その日もブロンドの美女を連れ、これ見よがしにメガンの前でキスをした。ルーカスは昔とちっとも変わらない。一方、メガンはすっかり変わっていた。心の奥底に、ある秘密を持った日から…。

バルセロナの空は青く (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
レイラは、新しい臨時秘書の仕事のために、スペインにやってきた。空港に迎えに来た女性はなかなかの美人で、今度の雇主の娘らしい。娘は車を走らせながら、突然切り出した。「父に手を出さないで」。娘の話では、彼女の父、ミスター・オリバーは女たらしで、レイラの前任者ふたりとも関係を持ったのだと言う。幼いときに母と生き別れた子供たちの願いは、父がきちんと再婚して、新しい母親を持つことだった。「やっと候補者が現れたので、お願いだからじゃましないで…」。ミスター・オリバーに怒りを覚えたレイラは、娘に確約したものの、別荘に着いて彼の姿を見たとたん、落ち着きを失ってしまった。

内容(「MARC」データベースより)
レイラは臨時秘書の仕事でスペインにやってきた。空港に迎えに来た雇い主の娘は、突然こう切り出した。「父に手を出さないで」 彼女の父、ミスター・オリバーは女たらしで、レイラの前任者2人とも関係を持ったのだと言う。

伝説の愛の鳥 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幼い頃、養女に出されたキャンデイス・ヒュームは、不幸な子供時代を過ごし、愛情に飢えた生活を送ってきた。今は企業の資料室の司書として、ひとりで生活している。仕事柄、唯一の肉親で父親違いの妹のことを知った彼女は、富豪の養女になった妹ステファニーに会いたい一心で、南太平洋に浮かぶ島ファライシにやってきた。運よく土産物の市で、ステファニーの一行をすぐ近くに見つけ、キャンデイスは、とっさにめまいに襲われたふりをした。「しゃがんで顔を伏せろ!」命令調の厳しい声が響く。ああ、ステファニーの義兄ソールね…でも、なんて冷たい目なの。

内容(「MARC」データベースより)
幼い頃養女に出されたキャンディス・ヒュームは不幸な子供時代を過ごし愛情に飢えた生活を送ってきた。ふとしたことから知った父違いの妹をたずねていった彼女を射ぬいたのは、妹ステファニーの義兄ソールの冷酷な視線だった。

ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <墨田区紀行> <台東紀行> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <鶯谷・うぐいすだに> <高収入バイト情報> <台東クラブ> <アキバ中毒のページ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <美容外科> <東京ぶらぶら> <電子たばこ> <GOGO!江戸川区!> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース
ロマンスの蝶番> <三国志・西遊記

ooo千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo GOGO!江戸川区!ooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo ぎょうざ@千葉ooo パンマニアーナ@千葉市ooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo 千葉鰻ooo 鶯谷・うぐいすだにooo アキバ中毒のページooo ベビー、キッズ、マタニティ.コレクションooo 山手線エリア~銭湯~ooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo 国家の要!千代田区ooo 「TaEco」(タエコ)ooo IIS設定備忘録ooo 中野区居住化計画ooo ネット証券比較っすooo ラッキーショッピングooo AV・カメラ・PCooo