やっぱりクラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。といっても全部ですけどね。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

誘惑の代償 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ベスは男性を軽蔑していた。母や姉の不幸な顛末を見てきたために。けれど、女としての生はまっとうしたいと考えていた。夫は必要ないけれど、自分の子供はほしい。そこで彼女は大胆な計画を思いつく。パーティに紛れ込んで男性を誘惑する―もちろん初めての経験だ。身元が割れないよう、アパートメントも車も偽名で借りて会場へ。「ご一緒してもよろしい?退屈していらっしゃるようでしたので」声をかけた男は健康そうで、思い描いていた父親像にぴったりだ。計画は見事成功した。ただ予想外なのは甘く熱い夜だったこと。もう二度と会わないわ。ベスは眠っている男を残し、部屋を出た。だが二人は、思いがけない場所で再会する運命にあったのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
メイザー,アン
イングランド北部の町に生まれ、現在二児の母。自分が読みたいと思うような物語を書く、というのが彼女の信念である。ハーレクイン・ロマンスに登場する前から作家として活躍していたが、このシリーズによって、一躍国際的な名声を得た(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛の試み (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャシーはブラッドベリー・ヘラルドの敏腕記者。特集記事を担当するばりばりのキャリアウーマンで、皆に好かれ、前の編集長ハロルド・リースにもかわいがられていた。しかしハロルドが引退し、後継者としてその息子ジョーダンが来ると状況は一変してしまった。彼は世界的に有名なジャーナリストで、温厚な父親とは正反対の厳しい人物。どうも私とは相性が悪そうだわ、キャシーは思った。彼に名前を呼ばれただけで足がすくみ、体が震えてしまうなんて、これから先が思いやられる。いったいどうしたらいいかしら。

金色の甘美な時間 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カミラの妹ケイティがギリシアへの旅先で恋に落ちたという。しかも、まだ十八なのに相手の男性の子を身ごもったと知り、カミラは姉としてほうっておくわけにはいかなくなった。両親を亡くして以来、ずっと親代わりに面倒を見てきたのだ。相手はウェイターをしているスピロという男性で、正式に結婚を申し込むためカミラに会いに来るという話だったが、約束の日に彼は空港に現れず、連絡もとだえた。思いあまった姉妹はスピロを捜してギリシアへ赴き、彼がヴィラ・アポロと呼ばれる屋敷にいるらしいことをつきとめた。その屋敷を訪ねたカミラの前に現れたのは、まさにギリシア神話のアポロのような男性だった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クレイヴン,サラ
イングランド南西部サウス・デボン生まれ。海辺の家で本に囲まれて育った。グラマースクール卒業後は、地元のジャーナリストとして、フラワーショーから殺人事件まで、あらゆる分野の記事を手がける。ロマンス小説を書き始めたのは1975年から。サマセット在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

追いつかれた明日 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“ベニスのクレオパトラ”“世界でもまれな美女”“ベニスでいちばんエレガントな女性”リケッティ・ファッションハウスのデザイナー兼モデルとして国際的に活躍しているシンディ・マスターズはマスコミから、いくつも賛辞の代名詞を与えられていた。ひたすら美しく装い、優雅な笑みを振りまきながらも彼女の心の片隅は、いつもざわめきたっている。忘れたいと思い続けている光景と、一人の男…いつか、過去に追いつかれてしまうかもしれない。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウエストン,ソフィー
ロンドン生まれ。五歳のときから物語を書き始める。生来の旅好きで、健康を害したおり回復を願って最初のロマンス小説を書くが、旅にはもう出られないと思っていた。だがそれは間違いだったようで、今にいたるまで大いに旅を楽しんできた。最近は都心に二匹の猫と暮らし、さくらんぼの木を植えて楽しんでいる。そして世界を旅して、物語の題材を探すことも忘れない(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

渦にのまれて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カービーは十カ月前に交通事故で夫を亡くし、二十四歳にして未亡人になってしまった。あまりに突然の出来事だったので、いまだにショックから立ち直れずにいた。ある日、友人がカービーを元気づけるためにパーティを開いてくれることになった。あまり気が進まなかったが、しぶしぶ出かけていくと思いがけない人物に再会する。かつての憧れの人で、六年前に手痛い仕打ちをしたデーミアンだ。カービーの胸に苦い思い出がよみがえる…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
カー,マドレイン
南アフリカ生まれ。大学に入るために初めてイギリスの地を踏み、以来イタリア、スペインなどさまざまな国に住んだ経験がある。十日間で書き上げたというデビュー作“Aquamarine”(原題)が出版社に採用され、初めてロンドンを訪れた。現在は、夫と三人の子供と共に、再び南アフリカで暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

緑匂う風 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エルスペスはロンドンの銀行に勤めるキャリア・ウーマン。結婚を前提につきあう恋人とも共通点が多く、完璧とまではいかないが、今の生活にも満足している。そんなとき、突然田舎の両親が旅行に出かけると言い出したのでエルスペスはあわてた。チェシャーの農場は誰が管理するのだろう?両親が始めた有機栽培は評判もよく、収益が上がっているからだ。ところが母親は、カーターに頼むから心配はいらないと言う。彼はエルスペスの従兄で、将来のために有機栽培を勉強中らしい。もしかしたら、カーターは両親の事業を乗っ取る気かも…?エルスペスは心配のあまり、休暇をとって彼を監視することにした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
チェシャーに住む主婦作家。結婚後しばらく大手銀行で働いていたが、現在は家庭で執筆に励む毎日(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

復讐は甘く (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エミリーは愛情の薄い銀行家の家庭に育ち、二十歳を迎えた今、父親の銀行に勤める男性と結婚しようとしていた。婚約披露パーティの夜、彼女は自宅の温室で思いがけずルークと出会った。ルークは血のつながらない又従兄で、十歳の時に母親を亡くし、エミリーの家に引き取られたが、彼女の一家を露骨に憎んでいた。四年前、エミリーは彼に夢中になったが、すげなく拒絶されたのだった。彼女がルークと言い合っている時、温室に婚約者と姉が入ってきて、信じられない会話を交わした。なんとエミリーの婚約者は姉と恋仲だったのだ。「僕と付き合っていたことにして、婚約を解消すればいい」ルークは屈辱に震えるエミリーに解決策を持ちかけ、唇を寄せてきた。それが復讐の始まりだとも知らず、エミリーは彼のキスに応えていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ローレンス,キム
イギリスの作家。ウェールズ北西部のアングルジー島の農場に住む。毎日三キロほどのジョギングでリフレッシュし、執筆のインスピレーションを得ている。夫と元気な男の子が二人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

そそっかしい恋人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
トイ・カンパニーに入社して三カ月。キットは仕事がおもしろくてたまらない。商品テスト開発部で、毎日新しいおもちゃ作りに取りくんでいるからだ。今日も、同僚のトッドとさっそく実験を開始した。ところが―突然、紫色の煙が吹き上がり、二人は粉まみれに。「まったくもう!」キットはどなった。「もしもシンクレアがこれをかぎつけたら発作を起こすわよ」「そのシンクレアはたった今、君たちのへまをかぎつけたところだ」太い声がして、キットは振り向いた。社長が腕を組み、冷たい笑みを浮かべて立ちはだかっていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ラクレア,デイ
家族とともに、ノースカロライナ州東岸沖の小さな島、ハッテラス島に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

すてきな暴君 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
休暇をロンドンのおばの家で過ごしていたジュリアは、一ヵ月ぶりに愛する我が家アンバーミアに戻ってきた。アンバーミアは格式の高い旧家で、彼女は屋敷とその伝統を受け継いで守っていくことに大きな誇りを抱いていた。だがジュリアを待っていたのは、父の破産という衝撃的な話だった。この屋敷も土地もすべて売り払わなければならないという。しかも買い手は、何かと評判の悪いギリシア人実業家のアレクサンドロス・コンスタンティスらしい。彼と顔を合わせた瞬間ジュリアはびっくりした。さっき私がジプシーと間違えた礼儀知らずな男じゃないの。

愛がなければ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブライアーの父ザヴィアのパーティには名士ばかりがつどう。その父から青年実業家カイナン・ロスをもてなすよう言われ、これは何かあると彼女は思った。案の定、ザヴィアは資金繰りに困っているらしいとカイナンから聞く。自分も借金を頼まれて断ったのだが、どうやら娘を取り入らせて援助させようということらしい、とカイナン。とんでもないわ!だれがこんな人に取り入ったりするものですか!激昂したブライアーだったが、そのしばらくのち、父親が心労のあまり倒れてしまう。弱気になった彼女に、カイナンが条件付きで援助を申し出た。「ぼくは求めるものに最高の値をつける。ほしいのは花嫁だ」。

内容(「MARC」データベースより)
父ザヴィアのパーティには名士ばかりがつどう。その父から青年実業家カイナン・ロスをもてなすように言われ、これは何かあるとブライアーは思った。案の定、ザヴィアは資金繰りに困っているらしいとカイナンから聞く…。

ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <墨田区紀行> <台東紀行> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <鶯谷・うぐいすだに> <高収入バイト情報> <台東クラブ> <アキバ中毒のページ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <美容外科> <東京ぶらぶら> <電子たばこ> <GOGO!江戸川区!> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース

ooo和菓子de千葉はんなりooo リネージュIIクロニクル5ooo 千葉天ぷら・千葉天ooo 将棋好き好き@千葉ooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo 寿司喰いねぇ~!ooo 夏はプールだ千葉特集ooo 千葉県の民俗・風俗ooo AV機器ooo 歴史千葉ooo TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)ooo ハロー!江東区!ooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo 新鮮 魚料理を食すooo うまい米@千葉ooo 木更津市をもっと知りたい.com!ooo 千葉市のプール一覧ooo 住宅ローンのことooo アキバ中毒のページooo 春日ちゃんのお散歩マップooo