やっぱりクラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。といっても全部ですけどね。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

悪夢の終わりに (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
燃え盛る炎。煙が立ち込めて息もできない。「助けて!」入院中のニコラは、そんな恐ろしい夢に毎晩うなされていた。ある晩、家が突然炎に包まれ、たった一人の家族である父親は間一髪のところで娘を助け出し、自らは命を落としてしまったのだ。すべてのものが焼き尽くされ、ニコラは何もかも失った。あの火事の原因が、父の放火だなんて…。心に深い傷を負った彼女を心配して、父親の友人でもある医師が長い間音信不通だった彼女の叔母を捜し出してくれた。ところが病室に現れたのは、叔母の代理だという男性だった。「僕と一緒にアメリカへ行くんだ。義母は君を引き取りたがっている」贅沢な身なり、冷たく端整な顔立ち、そびえるような長身。ニコラは一瞬にして悟った。私はこの人から逃れられない。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウィルソン,パトリシア
ずっとヨークシャーで暮らしていたが、子供たちが成長すると教職を辞して夫とともにスペインへ長い旅に出た(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

裏切りの予感 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ある日サンチャのもとに、衝撃的な内容の匿名の手紙が届いた。夫が秘書の若い女性とこの数週間密会を重ねていて、今夜も彼女の家で会う予定だという。まさかとは思ったが、夫のマークはこのところ帰りが遅く、夫婦のあいだがなんとなくぎくしゃくしているのは否めない。その夜、思い悩んだ末に秘書の家に電話すると、受話器の向こうから男性の声が聞こえてきた。それはまぎれもなく、夫マークの声だった。サンチャはあわてて受話器を戻し、目を閉じた。手紙の内容は事実だったのだ!ああ、なんてこと…。嫉妬が体をむしばみ、苦痛が心をさいなんだ。その日から、サンチャの結婚生活は苦悩に満ちたものに変わった。

内容(「MARC」データベースより)
ある日サンチャのもとに、衝撃的な内容の匿名の手紙が届く。夫が秘書と密会を重ねているという。秘書の家に電話をすると受話器の向こうから夫マークの声が聞こえた。それから、サンチャの結婚生活は苦悩に満ちたものに…。

素直に愛して (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
午前二時半。ベッドの横でベルが鳴り続けている。真夜中の電話がいい知らせのはずがないわ。クリスティーナはそう思いながら、しぶしぶ受話器を取った。相手の声を耳にしたとたん、思わず緊張する。少女のころ熱烈な片思いを軽くあしらわれたとはいえ、二十三歳になった今はアダムを恐れる理由は何もないはずなのに。彼は親友フィオーナの兄―それだけの存在だわ。アダムは妹が恋人と家出したのを知って怒りを爆発させている。行き先を教えなければ非情な手段をとるという脅しに屈してスコットランドのコテージだと答えたが、一緒に行くよう命じられ、クリスティーナはあわてふためいた。二人だけで旅行なんて…。彼の前では十代の私に戻ってしまう。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウィリアムズ,キャシー
トリニダードの出身で、トリニダード島とトバゴ島、二つの島で育つ。奨学金を得てイギリスに渡り、1975年エクスター大学に入学して語学と文学を学んだ。大学で夫のリチャードと出会い、結婚後はイングランドに暮らす。もともとはテムズ・バレーに住んでいたが、現在は中部地方在住。夫リチャードとの間に三人の娘がいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

大草原の貴族 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
南米各地を巡業する舞踏団の代員オーディションに合格したライアンがブエノスアイレスに着いてみると、何かのまちがいか舞踏団の一行はすでに公演を終え、次の公演地へと発ったあとだった。渡された切符以外に所持金もなく、とりあえず住居付きという条件にひかれてクラブ・リオスのホステスの仕事にとびついた。だが、それは彼女の考えていたような種類の仕事ではなかった。

内容(「MARC」データベースより)
南米各地を巡業する舞踏団の代員に選ばれたライアンがブエノスアイレスに着いてみると、舞踏団はすでに次の公演地へと発った後だった。所持金もなく、とりあえずクラブ・リオスで働くことにした彼女だが…。79年刊の再刊。

砂漠の旅は大騒ぎ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
三年もつきあってきて、急に結婚しようなんて、どうして?エイドリアンナは突然のプロポーズに迷いながら、セスナの操縦桿を握り、大空へ飛び立った。いつもながらの爽快感。一度飛んで以来やみつきになっている。アランとの関係は多少ぬるま湯のようだけれど…エアーズ・ロックの上空を飛びながら彼女は決心した―結婚しよう。だがその直後、飛行機は砂漠の真ん中に不時着した。無線機は壊れ、捜索機も来ない。が、絶望の夜が明けたとき、土埃の中から思いがけないものが現れた。駱駝の背に揺られた一人の男―日に焼けた精悍な顔と厚い胸板にオアシスのような目をした彼は、まさに奥地の男だ。

内容(「MARC」データベースより)
やみつきになったセスナの操縦にいつものように出かけたエイドリアンナは、砂漠の真ん中に不時着した。無線機も壊れ捜索機も現れず、絶望の夜が明けた時、ラクダに乗ったひとりの男が現れる。

つらい別れ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
五年前、フランセスカは、やむにやまれぬ事情から第九代リンガード伯爵ウィリアム・クウェンティン―ウィルと別れた。その後、彼女は会社勤めを始め、今は自分のフラットで暮らしている。フランセスカは、この半年、正体不明のストーカーにつきまとわれていた。ある夜帰宅すると、フラットの浴室の窓が割られていたうえ、追い討ちをかけるように不気味な電話がかかってきた。彼女はパニックに陥り、安全な場所を求めてウィルの屋敷に車を走らせた。五年たっても彼は相変わらず魅力的だった。フランセスカは自分がまだウィルを愛していると気づいたが、彼には再婚話が持ち上がっていた。花嫁候補は資産家の美しい娘だ。フランセスカはウィルの幸せを願って自分の気持をひたすら押し隠し、何も告げずに彼の屋敷を立ち去ろうと決心する。

内容(「MARC」データベースより)
正体不明のストーカーにつきまとわれパニックに陥ったフランセスカは、5年前に別れた伯爵ウィルの屋敷に車を走らせた。相変わらず魅力的な彼…。しかし彼には、資産家の美しい娘との再婚話が持ち上がっていたのだった。

偽りの結婚指輪 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
夜間のフランス語のクラスから帰る途中、ハナはクラスの男に迫られ、走っている車から飛びおりて、ようやく家に逃げ帰った。夫のイーサンも、ハナのひどい格好を見て、顔色を変える。もともとハナは、弁護士であるイーサンの屋敷の子守りだった。子供たちの母親キャサリンは数年前に落馬事故で世を去っていて、愛情に飢えた子供たちが献身的なハナに心を開くのを見たイーサンが、わが子のために形だけの結婚を申しこんだのだ。彼の提案は、イーサンをひそかに恋していたハナにはショックだった。しかし子供たちのことを思い、ハナは結婚の同意書にサインをした。彼の気持ちは、亡き妻の思い出とともにあるんだわ。フランス語の勉強も、愛情のない結婚生活の中で自分を救うため…。だがこの事件以後、ハナを見るイーサンの目に変化が表れた。

内容(「MARC」データベースより)
夜間のフランス語のクラスから帰る途中、ハナはクラスの男に迫られ、走っている車から飛びおり、家に逃げ帰る。わが子のために形だけの結婚をした夫のイーサンだったが、この事件以来ハナを見るイーサンの目に変化が表れた…。

孤独な闘い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
トニーはいきり立っていた。ノア・シートン!まだ顔を見たことはないけれど、血も涙もない冷たい男。義父の会社を買収しただけでなく、二十七人もの従業員を解雇した男。その男と今夜、パーティーで同席しなければならないなんて!トニーはどぎつい赤の口紅を手にすると、さっと一塗りした。見てなさい。必ず彼の鼻を明かしてやるわ。だが対面したとたん、トニーはノアの知的な黒い瞳に魅せられた。彼は何もかもお見通しとでもいうようにじっとトニーを見つめていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ダーシー,エマ
フランス語と英語の教師を経て、結婚後、コンピューター・プログラマーに転職。やがてロマンス小説の世界に楽しみを見いだし、登場人物それぞれに独自の性格を与えることに意欲を燃やすようになった。現在はオーストラリアのニューサウスウェールズにあるカントリーハウスに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

二重生活 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
今日はリア・マソンの三十歳の誕生日だ。鏡の前に座って、しわの出始めた顔をしみじみと眺めながら、彼女は思いにふけった―ルイスの求婚を受ければ確かに平穏な生活は送れるだろう。でも、もう一度身を焦がすような恋をしたい。そのひそかな夢も諦めなければならないのだろうか…?リアには六歳になる双子の息子がいる。この三年間、リアは子供たちのために二つの生活を送ってきた。毎朝、マダム・マソンから、ミス・ダンカンに変身するのだ。ミス・ダンカンはジェイムズ・エベレットの有能な秘書だった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ネーピア,スーザン
バレンタインデー生まれ。生まれながらのロマンス小説家と言える。ニュージーランド、オークランドでジャーナリストとして出発。ハンサムな上司と結婚したのち小説の執筆を始める。現在は永遠のヒーローである夫と未来のヒーローである二人の息子、二匹の猫、コンピューターと暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

キスはクッキーより甘く (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
スザンナ・シモンズはスポーツ用品メーカーに勤める、将来有望なキャリアウーマン。会社初の女性副社長になるのが五年ごしの目標だが、いまそれに手が届きつつある。そんな彼女にはアパートの隣人ネイトの生き方が納得できない。職にもつかず、好きなときにしたいことをし、いまが楽しければいいと楽天的に過ごしているネイト。ひょんなことから彼と親しくなったスザンナは、自堕落な生活を改めさせようと意気込む。そしてネイトの前歴も知らず、仕事を勧めるのだが…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マッコーマー,デビー
四人の子供を育てながら作家になる夢をかなえ、いまや大ベストセラー作家に。一〇〇作を超える著作は世界中で六〇〇〇万部も出版。ワシントン州ポートオーチャードに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <墨田区紀行> <台東紀行> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <鶯谷・うぐいすだに> <高収入バイト情報> <台東クラブ> <アキバ中毒のページ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <美容外科> <東京ぶらぶら> <電子たばこ> <GOGO!江戸川区!> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース

oooカフェの歴史から千葉のカフェ紹介まで☆★カフェ千葉★☆ooo 板橋LOVEooo 葛飾区を知れ!ooo あまーい千葉スイーツタワーooo ラッキーショッピングooo デパチバ.com ~千葉にもあるよデーパート集~ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo ショッピング 検索ooo 山手線エリアで食べられるおいしいパン。ooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo 川は生きているooo キャンプに行ってみよう!@千葉ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo 自作PCに挑戦(千葉中心)!ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo パソコン作ってみよう-千葉在住はなまる君-ooo 千葉鰻ooo 千葉天ぷら・千葉天ooo ネット証券比較っすooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo